横山光輝の三国志「諸葛亮孔明」はやり過ぎ感満載

三国志で天才軍師と言えば、間違いなく諸葛亮孔明だと答える人が多いだろう。

これは間違いない。

孔明の功績の功績を考えれば、非の打ちどころがない。

 

しかし、このあまりにもずば抜けた天才ぶりは、横山光輝氏の作品「三国志」の影響が大きい。

 

彼の作品を読めば、誰しもが「孔明すげ~!」となるはずだ。

私も初めて読んだときは、「なんて孔明は凄いんだ!」と心踊らされた時期がある。

前面で戦うこと以外は全てこなす、まさに天才と。

 

だが、他の史実や作品などを読み始めると、凄いことは凄いのだが、あれほどではない。

 

まず言えることが、軍事面においてはずば抜けていないということ。

 

一般の軍師と比べると、さすがにそれを上回るが、賈詡・郭嘉や法正など軍事においては孔明より上はいる。

孔明と並ぶとされている鳳統は、才能を見せる前になくなっているため、どのくらいの智謀を備えていたのか推測できないが。

 

とにかく言えるのが、諸葛孔明は大物と戦っていることはあまりない。

 

周瑜や司馬懿といった大物とは戦をしているが、この戦は微妙である。

司馬懿は守りに徹しているため、極力戦は避け、持久戦に持ち込んでいることが多いため、凄いかどうかわからない。

周瑜とは万全の状態での戦ではないため、彼が万全であればどうなったかはわからない。

 

ちなみにであるが、赤壁の戦いでの功績は間違いなく周瑜であり、孔明ではない。

横山氏の周瑜はあまりにも不様に描かれているため、イメージが定着してしまっているが。

 

とにかく、軍事面においては運が良かった・・・ということもあるだろう。

 

しかし、彼の最大の才能は何と言っても内政であろう。

 

法律を作ったり、作物・徴収を増やすなど、国内を豊かにする才能は三国志NO,1であると言える。

得意分野であることから、この分野に関してだけは、人を見る目もある。

 

彼がいなければ、平凡な蜀がこれほどまでに強固になることはなかっただろう。

 

余談になるが、肉まんを開発したのは孔明だと言われている。

彼は持久戦に関しては、非常に苦手としており、何度も食料の問題から撤退をしている。

これを少しでも解消するために、開発されたとされている。

本当かどうかはわからないが。

 

また、三顧の礼として劉備に使えたとされているが、実は孔明自ら劉備に遭いに行き、登用されたという話もある。

 

かなり話が盛られている可能性が高い孔明だが、それでもやはり彼が凄いことは間違いない。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ